プラスアルファの勉強に取り組むようになった。

interview_handaminami_p01

生徒公立

西城 直人くん
静岡県立磐田南高等学校 1学年 

Q、まずはじめに、高校生活はどうですか?

僕は中学のときは運動部で、高校になって文化部に入りました。写真部は団体で活動するというよりも、個人で活動していて、個人で大会に出展したりします。それで、運動部に入っていた以前よりは自由に使える時間ができると思っていたのですが、あまりうまくいっていなくて、年末年始あたりで、これでいいのかな~という思いがありました

Q、手帳を使ったことがなかった状況で、初めて手帳を使う、となってどう思いましたか?

特に抵抗はなかったです。僕の高校では、中間、期末テストの前に、学習時間調査として時間軸のところに学習時間の予定と実績を書く紙が配られます。だからそれが毎日になるだけと思ったのですぐに馴染めました

Q、西城さんは、なぜフォーサイトに取り組んでみようと思ったのですか。

ちょうど3学期で、1年間が終わって、自分の生活がこのままでいいのかと思っていたところで、これを使ったら自分の生活を見直すいいきっかけになると思ったからです。

Q、フォーサイトの使い方で工夫したところはありますか?

始めた時は、テストが近づいていなかった時期だったので、絶対やらなくてはいけないことの他に、「自分でやりたいこと」を毎日ひとつやるように計画しました。手帳を使い始めてから、問題集を一日一ページという計画を立てて取り組みました。今までは、最低限やらなくてはいけないことだけをやっていたので、そういう取り組みはしたことなかったんですが。
結果を書く欄が、いいですね。きちんとできたら〇、駄目なら×をつけて、今日やれなかった分を次の日のやる、などできるので。使いはじめは、思ったことを書いていく、という感じだったんですが、最近は優先順位などを考えて、組み立てながら書いています。

Q、実際に、どこをいつどういう順番で書いているか教えてください。

僕は書く時間は決めていません。随時書いています。それがいいかどうかは今試行錯誤しているのですが。自分の性格に合わせて、「やること」の部分は授業中など、「やらなくちゃ」と思った瞬間にメモをしています。放課後にも、今日やることを考えて書いています。
まあ、そうするとまとめの部分が書けないのですが…(笑)それは今運用方法を考えています。
一日で書くのにかけている時間は 5分~10分くらいです。いろいろ調べて書くときもありますので。

Q、振り返りをしてみてどうですか。

自分が忙しいと思っていたが、思ったより自分はやっていないということに気づきました。忙しい忙しいと思っている割には、書き出してみたら、やるべきことが多くないことに気づきました。また、「まとまった時間がないな」なんて思っていましたが、書いてみたら、「ここに2時間あいていた」みたいな。今回手帳を使ってみて、自己管理ができるのでとても役に立つと感じています。