大切なことを意識し続けることができる。

関商工生徒写真

生徒公立

Hさん
関市立関商工高等学校 吹奏楽部3年 

Q, 高校に入ってどんなことが変わりましたか。

関商工吹奏楽部はほとんどが初心者で入ってきます。私も中学の時は別の部活に所属していました。今思えば中学生の時はなんとなく過ごしていたなと感じています。高校に入って生活が180度変わりました。
挨拶一つについても先輩方のしっかりした姿を見てかっこいいと思い、自然と心を込めて出来るようになりました。勉強についての考えも変わりました。私は就職を目指して入学したので、資格を取るためにも勉強を大切にしていますね。

Q, 今まで手帳のようなものは使ったことがありましたか。

手帳は使っていませんでしたが、絶対に忘れてはいけないことは付箋に書いて目にするところに貼っていました。

Q, 手帳をもらったときはどんな気持ちでしたか。

とても嬉しかったです。書き留めるものが欲しいなと思っていましたし、振り返りが出来るから良いなと思いました。

Q,先生からはどのようなご指導がありましたか。

手帳の中に書いてある「フォーサイト」手帳のコンセプトや使い方を説明していただきました。
そしてメンバーが手帳に書いてあることを読めば、その人の状況や気持ちを理解するために役に立つので、チーム作りのために「フォーサイト」手帳の見せ合いをしようとおっしゃっていただきました。
また、自分の手帳だから好きなようにカスタマイズしていいですよ。とおっしゃっていただいたので、モチベーションが上がるように「部活の合言葉」や「サックスパートの合言葉」を書き、「お揃いのシール」を貼りました。全員で同じ「合言葉」を貼ったのですが、何だか全員で同じところに向かっているという意識が強まりました。

目的を忘れないように、部員全員が表紙に先生から頂いた『「フォーサイト」手帳で身につくチカラ』を貼っています。先生が配って下さったプリント

Q,フォーサイトの使い方を教えてください

(月間ページについて)
年間行事と1か月ごとのスケジュールが配られたらすぐに書き込んでいます。
振り返り欄は月の初めに週間ページを見返して書いています。
「ほめ!ポイント」を書いていくことで、自分の成長を言葉で表すことが出来るようになり自信につながりました。手帳を書いていないときは、良くできたこと、嬉しかったことがあっても何となくその時に意識する程度ですぐに忘れてしまっていました。今は言葉にして書いておくことができるので忘れないでいられますよね。

服部さん月間①

月間ページや週間ページを振り返りながら書いています。
メモ欄にはパートメンバー全員で回覧してコメントを書き合っています。
その他にも、先生から頂いた言葉で忘れたくないことや自分で大切にしようと思ったこと、重要なことを書き留めています。

服部さん3か月

(週間ページについて)
寝る前に、週間ページの時間軸の欄にその日の放課後の行動を書き、気づいた振り返りを次の日の「今日のやること」欄に書いています。翌日の予定も寝る前に書いています。
たとえば、あまり寝ていなくて集中力に欠けたという振り返りをしたときは、翌日の「今日のやること」欄に「22時に寝る」と書きました。慣れてくると週間ページに大切だと思った ことはすべて「フォーサイト」手帳に書き留めるようになってきました。

服部さん週間before

週の終わりには「今週の振り返り」欄で「振り返り」を行った上で、翌週の「今週のやること」欄を書いて、「ふりかえり」を「くりかえし」ています。

服部さん週間after